許すことで人生が豊かになり健康にも繋がる!緊張感を緩める重要性

どうも、震洋之進です。

あなたは緊張感をもって日常を生活していますか?

「当たり前だろ、毎日必死に働いてる!」

ですよね。

ですが必死に働いてる定義ってなんでしょうね。

「緊張感をもった周囲に自分が合わせている。」

「みんな緊張感もってるから俺も」

って感じで無意識に追い込んでいるものです。

今回は、緊張感と緩める重要性について勉強していきましょう。

緊張で張り詰めた世の中

今わかりやすいものだと、ちょうど新型コロナウイルスですよね。

新型コロナウイルス自体はインフルエンザよりも致死率は比較的低い。

しかし新型ゆえに特効薬がないと定義されているために人々は恐れるわけです。

メディアがこぞって話題としてとりあげる。

メディア教に染まった人々は
「テレビで言ってたから!」
と、とくに考えずにマスクなどを買い込む。

そしてテーマパークやイベント事業の自粛がはじまる。

その結果、経済が回らなくなっていますよね。

本当に怖いのは無知な人々が情報をネガティブにとらえる事。

そしてメディアの煽りで経済にダメージが及ぶ。

今の状況って緊張が緩んでないわけがないですよね。

常に緊張に張りつめているわけです。

緊張で張り詰めた職場

職場でも緊張感が張りつめていますよね。

異性に少しでも差別的なことを言えば
「セクハラ!」
と言われる。

高圧的な態度をみせれば
「パワハラ!」
と言われる。

喫煙者は喫煙エリアで吸ってても
「あーけむたい!」
といった顔をされる。

指摘されると
「なんだよ!文句あるなら言ってみろ!」
と噛みつかれそうな形相で睨む。

指摘する側もされる側も一触即発の緊張感の中で仕事をしている。

緊張感が無いとはぶられる

緊張感がないこととネガティブな事柄はイコールで結びつけられて連想される傾向にある。

緊張感がないから
・きっと手を抜いている
・きっと仕事が遅い
・きっとだらしない
・きっと規律を守っていない

そう思われたくないから緊張感を常に持つ。

緊張感のない人はこういった事柄につねにさらされるわけですね。

人を許せない、自分を許せない

人を許せないから自分も許せないんです。

許せないから許されない責任をかぶりたくない。

だから責任逃れを無意識にしてしまっている。

それが現代の日本人の生き様ですね。

間違いありません。

異論がありましたらコメントをどうぞ。

全て責任転嫁のため

逆を言えば自分が緊張感をもって完璧にこなしていれば責任が他人に転嫁する。

すなわち他人に不幸をなすりつけても平気はわけですね。

こういう考えだから愛がない人生になるわけです。

「自分さえよければ良い」

緊張感を持った生活の果て

緊張感をもって生き続けると癌にかかります。

癌とは
・がんばり屋
・ガンコ

な人がかかる病気です。

そして
「あなたは癌です。」
と診断されて
「ガーン!」
となり人生の希望を失うのです。

癌にならないために、健康で不安な老後にならないためにするべきこと。

それは
「全てを許す」
ことなのです。

全て許す

まずは自分から全てを許してあげるのです。

・今日は会社に遅刻した
・ストレスがたまり甘いものを食べた
・会社に行きたくないから休んだ
・知り合いと会うのをブッチした

自分を許せない人は

・会社の扱いが酷いからこうなる
・仕事のせいで甘いものを食べざるをえない
・大事にしてくれないからちょっとくらい

こうやって自分には責任はない。悪いのはあっちだ。という解釈をしだす。

そうではなく、自分のせいだと認めて許してあげる。

「許してあげる事柄なんかないよ?」

と、あなたは思っていますか?

だとしたらかなりの強情な頑固者ですよ。

わたしなんて毎日許してばかりです。

中にはどうみても相手が悪いこともあるんです。

それも自分が悪いと認めて許すんです。

この意味が分からないようだと深刻ですね。

責任の被るすべての事柄を自分のせいと思えるかがカギなんですね。

全ての責任を受け止める

例えば人が走ってきて、あなたにぶつかり倒れたとします。

その人が10個入りパックの卵をもっていて全部割れた。

転んだ相手の周りに割れた卵が無惨に散乱しているのです。

この状況あなたはどちらが悪いと考えますか?

わたしは
「自分が悪い」
と考えます。

なぜなら自分がボーッとしていて気付かないから相手の卵が割れる事態になってしまったんです。

強情でガンコな人は
「こいつがぶつかってきたんじゃん」
「ぶつかってきて割れたなら自業自得」
そう考えます。

事実は1つ解釈は無限大

大なり小なりこういった状況は日常にたくさんあります。

あ、強情なガンコな人は
「そんな卵もったやつ頻繁にでくわさないし笑」
って考えます。

応用力がないのも頑固者の特徴です。

1つの事実に対して

・相手が悪い
・自分が悪い
最低でも2パターンありますよね。

責任をうけても死なない

極論ですが、別に責任を受け止めても死ぬことはありません。

ですが責任逃れをすれば身体はむしばまれます。

病は気からといいます。

「俺はわるくない、わたしは悪くない」
そう常に思っているということ。

その状況は少しでも悪い材料があるのではと思っているからずーっと悩んで考えているわけです。

悩んで気をおとせば身体の免疫力が落ちて病気にかかるのです。

その結果、癌や3大疾病にかかり命を落とすのです。

些細なことから許す

大きなことも許す努力

・まずは小さいことを許す練習!
・大きなことも許す努力!

大きなことも許せる度量があれば、人間関係は一気に広がり強固になります。

相手が逃げたい時にそれを認めてあげられるのですから当然ですよね。

従って豊かな人生にもなっていくのです。

許すことで着実に健康になり充実した楽しい人生を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です