借金を早く返したいなら長期戦略をたて返済プロセスを楽しめ!

どうも、震洋之進です。

わたしは残り現在400万くらいの借金があります。

ですが普通にお金も使っていますし、貯金もしています。

ちょうど100万を超えて心のよゆうができはじめましたね。

「100万あるなら返済に回せよ」
「毎月の出費も抑えて早く返せよ」

と思う人もいるかもしれません。

ですが実はそういった考え方が借金を返せない人の特徴です。

今回は
・多額の借金と向き合う勇気
・多額の借金に短絡的な思考は危険
・多額の借金の返済プロセスを楽しむ

について勉強していきましょう。

多額の借金と向き合う勇気

10万や20万の借金であれば、ボーナスや臨時収入で補えるかもしれません。

ですがわたしのように400万も借金の返済計画を短絡的に考えてえはいけない。

人間は感情に左右されます。

「早く困難から逃れたい」
「1円の利息を損したくない」

この2点って借金のある人からすると感情を刺激されますよね。

考えただけで負の念が湧いてきます。

ですが負の念がわいたところで短期的にどうなるものでもありません。

まずはドッシリ腰を置いて向き合う覚悟を決めることが重要。

多額の借金に短絡的な思考は危険

例えば10万円の借金やPCなどをカードで買ったとします。

その返済を一気にしてしまうと、

「10万くらいなら一気に返せる」

という無意識思ができあがります。

なのでエスカレートして
15万、20万、25万、
「前は返せたし、これくらいなら大丈夫」
という無意識思考になっていきます。

これは借金という負の念を早く消したくて無理強いで手を加えているんですね。

そして消せた事実に満足し、もっともっととエスカレートする。

「高価なものを買うことができるカッコイイ」

のような思考になっていきます。

同様に車なんかも

最初は100万の中古車でローンを返す。

乗り切れたら次は1グレード上の車を。

そのつぎは新車を。

と払えたことで支払のレベルが上がったと勘違いしだします。

ですが上がったのは
支払いレベルではなく、
浪費レベルなのです。

そのことに気付かす

高価な家電に、
車に、
住宅ローンに、

どんどん資本家の罠にはまっていきます。

浪費レベルが上がった人の末路

わたしももちろん、その1人です。

「借金も良い借金、悪い借金がある」

「借金も財産のうちだ!」

「借金を返せる俺カッコイイ」

そんなこと思ってもいませんし、お金の勉強してこなかった結果だと思っています。

そうして多額の借金をした人は2つの道に分かれます。

・自力でなんんとかしようとする
・社会の仕組みで楽を取ろうとする

借金で苦しんだ経験がある人は間違いなく
「借金とお金の因果」
を背負っています。

なので借金やお金の苦しみから逃げても延々と因果が追ってきます。

借りたお金はちゃんと返せ

よく自己破産や債務整理で
「借金が減る」
という広告が目にとびこみますよね。

ですが考えてみてください。

借りるときに利息や金額を少なくとも理解し納得して借りたのですよね?

その納得しておこした行動に逆に仕組みのアラを見つけ突く。

借金額+利息を支払いたくないだけの「逃げ」なんです。

あなたは逃げているんです。

そして一時的に逃げることができれば
「あ、逃げれるんだ」
という短絡的な知恵に満足します。

ですがあなたの肥大化した浪費根性はそのままなのです。

逃げても死ぬまでお金の因果は追いかけてきます。

覚悟して克服するまで。

多額の借金の返済プロセスを楽しむ

なんの文句もいわず、すんなりお金を貸してくれる。

それってサービスであり親切なんです。

貸してくれたことをちゃんと感謝してください。

でも返済とセットで考えていないから損を被ったと認識してしまうんです。

諦めてください。

逃げることを諦めてなんとかしようと思えば案外なんとかなるものです。

でも逃げることを諦めないでなんとかしようと思えばどうにもなりません。

・住む家を奪われ
・毎日の3食もろくに食べれず
・日雇いの仕事しかできず
・寒空の中ダンボールにくるまって寝て
・道行く人に冷ややかな視線を投げられ

そういったことに引け目を感じて生きていくしかありません。

逃げるってそういうことですからね。

いい加減諦めて頑張る。

そうすれば人生なんとかなる。

神様はあなたを困らせてやろうと思ってないの。

あなたに学びの機会をくれてるの。

だから覚悟を決めて学びを得る。

そうすれば克服してさらに先を見通せる人生をおくれる。

だってそうですよね?

お金の心配を克服できた人生って最強ですよね。

お金の心配がなく心が豊かな状態で送る人生。

その機会を与えてもらえていると悟り、返済するプロセスを楽しめばいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です