友達がお金を貸して欲しいと言ってきたら…個人間で貸し借りについて考える

どうも、震洋之進です。

あなたはお金を貸したことがありますか?

わたしも昔にお金を貸したことが何度もあります。

そして軽率に「投資」と称して騙しとられたこともあります。

個人間のお金のやりとり。

・貸し借りを悩む時
・貸した後の回収方法
・無事に返ってくるか?

について、今日は勉強していきましょう。

お金の貸し借りが良いのか悪いのか

人間関係の亀裂

相手からお金を貸してほしいといわれた場合、人間関係がこじれます。

いわば顔パスの信用取引としてお金を引っ張ろうとしてきているわけです。

感情に流されず冷静に、「相手は失礼なこと」をしてきていると受け取った方が良いですね。

だって相手から二人の人間関係を試す、量りにかけてきているのです。

あなたはナメられているんです。

あなたはナメられている

やさしい人に多いのかなと思います。

しかしやさしい人、怒らない人は
なに言ってもやっても許される人と認識されがち。

中には失礼な言動をとってくる輩もいます。

そういう輩に限って
「お金を貸して欲しい」
ともちかけてきます。

「お金を貸して欲しい」と言われたらあなたとの関係を量りにかけられているんです。

完全にナメられています。

まず返ってこない

あなたがどうしても貸してあげたい時、
「まず返ってこない」
前提で貸した方がよいです。

というか、未練を残さないために
「貸すじゃなくて、あげるよ。」
と言えばあとくされもなく悩みせんよね。

「…いや、あげるのはちょっと汗」
と思いましたか?

そう思うということは、本当に相手のことを考えて貸していません。

「貸した俺カッコイイ」
と思いたいあなたの我欲です。

貸したことによって自分の自尊心を満たすために。

そんな後ろめたさが満載な貸し借りは間違いなく破綻します。

「貸すとかめんどいからあげるよ。」

と言われたら相手の方も躊躇し、完全に恩を被ることになります。

相手からしたら
「いま借りてて、いずれ返す」
というグレーゾーンが心地よい。

あなたの後ろめたさの心をもてあそばれているわけです。

人間の浮き彫りになる貴重な体験

お金の貸し借りは人間の心理が浮き彫りになります。

理想と現実のギャップをこれでもかと見せてくれます。

なので、
「だって相手も困ってるんだから」
と甘い考えを捨てれないのなら
一度貸すとよいでしょう。

他人の経験談で学べない人は実体験で痛い思いをして学ぶようが勉強になります。

お金を返してきた場合

「そんなこと言うけど返ってきたよ。」

中にはそういうことを言う人もいるかもしれません。

ですが、大きい額を引っ張るためにはじめは「お金をちゃんと返す友人」を装っているかもしれない。

「疑い出せばキリがないでしょ。」

いえ、お金の問題だからこそ、キリがなくなるまで思考をする必要があるのです。

そして結論は2つに絞られます。

・お金は貸さない
・貸すのではなくあげる

これ以外にベストな選択はありません。

小我をみたす行為

世の中に多大な貢献をするわけではない。

1人の友人にでかい顔をしたいという、
小さい我欲。
それがお金の貸し借り。

自分の承認欲求を満たすために出すお金は風俗でお金を散財することとなんらかわらない認識でよいですね。

つきはなすのも愛

断って嫌われると思ってないか

「断って嫌われたらどうしよう。」
これも立派な小我。

断って嫌われ人間関係が崩壊するなら、その程度の人間関係だったと割り切ればよいのです。

いわば、その人間関係に過剰に期待していたことに気づけた。

それだけで大きな収穫です。

過剰な期待は絶望感を生み、人生を不幸なものにします。

常に平常心で毎日を過ごす。

一時的に盛り上がった気持ちも荒れた波と捉える。

いずれ波はやみ、穏やかな海が広がるのです。

お金の貸し借りや、それによる人間関係の崩壊。

そんなくだらないことに心をぶらさず信念をもって豊かな人生を歩みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です