人生がくだらない?他人に迷惑かけまくってて何言ってんの?

どうも、震洋之進です。

あなたは人生がくだらないと思ったことはありますか?

「毎日通勤ラッシュにもまれて、くだらない人生だな」
「いつの上司の機嫌を伺って、飲みの誘いも断れず。。」

「俺の人生ってくだらないよな。」
って思ってしまいがちですよね。

ですが、
くだらないと思ってるということは、
そこに感謝はありませんよね。

感謝していれば
「くだらない」なんて言葉はよぎりません。

・なぜ人生くだらないと思うか
・感謝をしないとくだらない人になる
・迷惑をかけていることに気付く

について勉強していきましょう。

くだらないと思うのは感謝が足りない

足りないというか皆無

自分に周囲に感謝せず、迷惑ばかりかけている状況。

楽しくないのは迷惑をかけていることに気付いていない。

つまりくだらない人間だから
「俺の人生くだらないな。」
と思うわけです。

人生で本気になれていない

人生がくだらないという状況。

それは団体のスポーツでスタメン入りできてない状況。

・高校3年なのにベンチスタート。
・後輩にスタメンを許している
・出番はないが態度はでかい
・でかい態度に気付いていない

好きで続けているのか辞めるに辞めれないのか。

年はくってるから態度は先輩面をする。

だが実力は皆無。

こういう先輩がいたらウザくないですか?

つまりなにがいいたいか。

「迷惑かけてるんだよ」

「無意識に生活してても」

迷惑行為やってない?

「学生のクラブじゃないんだから」
「そんなことはわきまえてるよ」
ですよね。

では無意識に職場の同僚や立場の低い人に以下の態度をとっていませんか?

・イライラを態度にだす
・自分の非を認めない
・悪口を言う
・高圧的な態度を取る
・面倒なことを他人に押し付ける
・人の意見を否定する
・挨拶しない
・お礼を言わない
・舌打ちする

職場に限らず休日に入った飲食店やショップでの応対もそうですよね。

立場の弱い人だからとつらくあたる。

そしてもちろん感謝しない。

・プラスの要素の感謝はゼロ
・毒は大量に吐く

それにすら気づいてない人って汚物でしかないですよね笑

まず感謝する

わたしでさえも気づかずに他人に迷惑をかけていることはあります。

ですが意識的に様々な事柄に感謝をしています。

例えば
・ありがとうを伝える
・笑顔で丁重に話をする
・笑顔で会釈する

関わる周囲の人にはそういった態度で接しています。

そうすることで、無意識に受けた恩を
「気持ち良い態度や言動」で
相手の気分を良くしてあげようと接するわけです。

たまに失敗しても
「あちゃー、ゴメンね。」
と謝ればいいわけです。

比較的気分を悪くせず対応してくれますよね。

冷徹な鬼に囲まれて生きているわけじゃないですから笑

それが逆に態度がでかく、失敗しても無視されたらどうですか?

他人にも心があるんです。

無意識に傷つけていることにまずは気づくべき。

そして今までの人たちの対応を恥る。

そうすればねぎらうこともできるはず。

迷惑をかけていることに気付く

他人とのやりとりを丁重にしていると気づくことがあります。

それは他の人のやりとりをみることで。

例えば
・注文時に「○○」と商品名だけ言う
・態度で対応が遅いことに気付かせる
・対応が悪いをキレて怒鳴る

こういう人たちが多いことに気づきます。

お店は商品をサービスを提供しているだけであって「お客さんの奴隷」ではない。

だからいちいち不機嫌をアピールしない。

アピールすれば気づかせたい相手以外の人にもいやな印象をまき散らす。

正直、ウザいです。

そういった人が消えるべきです。

「怒鳴る」とか言語道断ですよね。

自分本位に生きている人はそういうことに気付かずどんどん落ちぶれていきます。

そういった人々を反面教師に品性を磨くこともできる。

品性の高く、献身的で笑顔な人をあなたは嫌いますか?

そういう人格を目指したいと思いませんか?

生き様は自分でアレンジできますが、人生がくだらないという人には到底わからないでしょう。

「人生くだらない」
ということは
「人生こんなもんか」
ということ。

そんな浅はかなものではありませんよ。人生は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です