人生がつまらない、飽きたと感じてしまう理由と解決策はコレ

どうも、震洋之進です。

あなたは人生が楽しいですか?

ちなみにわたしは刺激ある日常を意識して送っているので、楽しく過ごしております。

最近の若い世代では
「人生がつまらない」
「人生が飽きた」
などと思っているそうです。

では今回は
・なぜ人生がつまらないと感じる理由
・人生を楽しくする解決策

を勉強していきましょう。

人生がつまらない

人生がつまらないと思う理由はいくつかあります。

・高齢化社会で若者が少ない
・税金や年金の負担で自由なお金が少ない
・毎日が単調な仕事と生活で活気がない

GHQが敗戦国に取った政策

日本人に学ばない教育を施工

考えてみてください。

日本の義務教育で社会人になっても必要なものってどれくらいありますか?

せいぜい、漢字の読み書きと算数程度の計算ができれば問題ないでしょう。

他にも集団生活の練習の場と唄っていることもあります。

ですが集団生活自体、
「雇われる前提」
の教育ですよね?

話すのが得意な子なら自然と集団の中心やまとめ役になるでしょう。

また考えるのが得意な子は好きな分野にのめりこみ探究心の楽しさを学ぶことができる。

わざわざ義務教育を受ける必要ってないと個人的に思います。

まぁ義務なんでいかないとダメなんですけどね笑

未だに学歴が子供の将来を左右すると考えているのも事実ですがね。

義務教育させることで、要するに脳内のハードディスクに空きがないまで不要なデータを詰め込まれた状態なのです。

毎日が飽きた

頑張って勉強した成果は…

有名な一流高校や大学に入るために日夜勉強していた幼少期。

「将来の為に…」
そう思って勉強した人々。

それが、社会に出た途端ゴミクズだと知らされる。

そして社会に出た途端に勉強することをやめる。

・毎日単調な仕事なので勉強の必要がない
・勉強で年収が上がらないことに気づく
・大学合格の目標があったが明確な目標がない

ある意味受験に頑張った時間が一番苦労の時間を過ごしていたんじゃないかなと思いますね。

学ばない文化を根付かせたGHQ

暗記脳人間の日本人

義務教育では答えのあるものについて思考する。

なので目的地が明確ですよね。

ですが人生の答えや目的地っていうのは誰にもわからない。

なので義務教育で育成した脳みそは全く役に立たない。

・答えがあるものについて考えるのは暗記脳。
・答えがないものについて考えるのは思考脳。

思考して、思考して、思考することが人生を豊かに生きるコツです。

仕事や日常生活を暗記して毎日繰り返すほど、虚しい日々はありませんからね。

疑問をもったものを深掘りする

まずは毎日やることについて、疑問に感じることを考えていきましょう。

・食事
・炊事
・洗濯
・掃除
・仕事
・お金の管理
・健康
・筋トレや運動

ざっとあげるだけでもこれくらいは、日々の生活ですることがあります。

そんな中で、項目でピンとくるものにこだわって多彩な知識をつける。

興味のあることで専門家になる

例えば筋トレなら

・腹筋を方法を徹底して勉強する
・朝や夜で効果的な筋トレの提案
・通勤途中にできるトレーニング方法
・ジムに行かなくてもできるトレーニング

など、筋トレに関してもこまぎれに考えて探究すれば楽しくなる。

おまけに効果的な方法を他の人に教えて成果がでたら、さらに楽しいと思いませんか?

人生つまらないのは暗記脳

・暗記脳で生きてきた結果学ばなくなった
・思考脳を鍛えれば人生を楽しくできる
・好きなことをとことん研究する
・他の人に知識共有して更に楽しく

これからも暗記脳でいくとしたら、あなたの将来は暗いでしょう。

老後の不安を抱える中、周囲も老人で埋めつくされる老人社会。

そんな日本が確実にやってきます。

老後にいざ

・職を失った
・定年を迎えたが収入が足りない
・思ってたほど年金がない
・この収入じゃ生活できない

ということが急に起こればたちまち下級老人になってしまうのです。

暗記脳で生きてきた人が急に思考脳で華麗に転身できません。

日々の脳の活性の積み重ねが豊かな老後を作るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です