小麦や米が人を堕落させる!パレオ食のススメ

どうも、震洋之進です。

あなたはお米や小麦は好きですか?

「当たり前だろ。毎食食べとるわ。」

ですよね。

わたしも今までよく食べていたので、嫌いといえばウソになります。

ですが、実はお米より歴史が古い小麦でも、紀元前3000年頃。

ちょうど4000年ほど前に誕生したといわれています。

そしてこの小麦の最大のメリット。

それは「貯蔵」できること。

貯蔵できることで、飢えをしのぐことができるようになりました。

ですが飢えをしのぐ力のある小麦。

それを独占してやろうという人が現れます。

そして自分勝手に効率を駆使し、貧富の差が生まれたといわれています。

話を戻して、、

では考えてみてください。

それまでは何を食べていたか。

それがパレオ食(原始人食)と呼ばれるものです。

歴史の浅いお米や小麦はデメリットがあります。

実は体内での分解に不向きなのです。

外国のふくよかな人や、日本でも肥満、メタボが問題になっていますよね。

その主たる原因が炭水化物。

中でも穀物を食べることで糖を摂り過ぎるのです。

一方、原始人食は何万年も我々の先祖が飲食してきました。

そして昨今、欧米でもこの原始人食が流行しているのです。

今回はそんなパレオ食と穀物について勉強していきましょう。

パレオ食とは

・野獣や魚の肉
・野菜
・果物
・海藻
・野草
などです。

穀物が歴史に誕生するまではこれらを主に食べていました。

そして糖も小麦やお米よりヘルシーに摂取でき、肥満になりにくいメリットがあります。

小麦

小麦は今から4000年ほど前に突如、メソポタミア文明で誕生しました。

ですが歴史がまだ4000年ほどと浅い。

中でも小麦の成分「グルテン」は人間の体内では分解できません。

それを無理矢理分解する結果、吹き出物や脂肪として体内に糖などが蓄積されてしまいます。

いわば、体内に糖を不法投棄されているかのようにメタボの原因となるのです。

お米

お米は日本人に非常に馴染のある食材ですよね。

ですが、白いお米の白米を食べるようになったのは奈良時代。

それも特権階級の偉い人達しか食べられていませんでした。

精米の技術が発展しておらずヌカがついた「黒米」の状態で食べられていました。

白米を食べるようになったのは、江戸時代からといわれています。

なので歴史でいえば300年ほど前でしょうか。

ですがお米も高く、お腹一杯食べることができませんでした。

現代のように手軽に食べられるようになったのは戦後の高度経済成長期後です。

炭水化物は糖

小麦粉は麺やパスタ、お菓子にと多彩なバリエーションがありますよね。

お米も大半の人は1日3食食べているのではないでしょうか。

・朝は食パン
・昼と夜はごはん
といった感じで。

炭水化物を食べることが当たり前な中、
「実はそれが太る原因だよ。」
といわれてもピンとこないのが普通でしょう。

小麦は取らないのがベスト

いきなり「小麦は取るな!」と言われても、美味しいものがたくさんありますね。。

わたしもセブンイレブンの蒙古タンメンが大好きなんです。。笑

なので、本当にごく少量「月に2~3回程度」を目安に食べるようにします。

小麦よりかはお米の方がまだ良いですので、主食はお米に。

お米の代わりにタンパク質

わたしの場合、お米は好きなのでまだ食べてます。。笑

ですが、今まではお茶碗に一杯をほおばって食べていましたが、今は半分程度にしています。

そして変わりに卵と納豆をいれてタンパク質でカロリーを補うことにしています。

お米をたくさん食べた後って眠くなりますよね。

これは急激に血糖値が上がり睡眠を引き起こす副作用。

それがお米を半分に抑えることで、食後に眠くなることがなくなります!

これは朝からガッツリ仕事をしたい人は特におすすめです!

満腹食べたい時

野菜やイモ、果物、ナッツが有効

今はわたしも色々試している段階です。

そこでおすすめな食材は「さつまいも」です。

●さつまいもを手軽に食べる方法

①まるごとのさつまいもを用意
②しっかり水洗いし、芽やひげをとる
③さつまいもをしっかり濡らす
④キッチンペーパーで巻き上から濡らす
⑤④をラップで巻く
⑥お皿に乗せてレンジ150wで16分チンする
※箸で軽くつき、貫通すればたべごろ

このさつまいもをごはんのお供やおやつに食べるとお腹も満たせます。

わたしも甘いものに目がないのですが、最近はこれを食べています。

さらにさつまいもは食物繊維が豊富にあります。

食物繊維不足が太る原因?

現代のメタボの人の食生活に不足しているもの。

それが「食物繊維」です。

食物繊維不足がメタボの原因といわれています。

ごはんやお肉、つけあわせのポテトやコーン。

現代は食物繊維をとる機会がめっきり減りました。

その食物繊維をしっかり食物で摂る。

それにもさつまいもが有効なのです。

もちろん食べ過ぎはよくありませんがさつまいもなどを食べることで食物繊維を補えます。

他にもジャカイモやリンゴ、みかんも良いですね。

あっ、もちろん皮つきで食べて下さいね!

食べるだけで痩せることができる「パレオ食」。

おまけに食後の眠気もなくなり体調もよくなりますので、是非ためしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です