収入アップより質素倹約の生活の勉強が人生を有意義なものにする

どうも、震洋之進です。

あなたは年収がいくらあれば満足ですか?

収入ってあればあるだけ良いと思いがちです。

ですが、そう思って活動していると疲弊してしまいます。

そして陥る末路がある。

それは「欲望は枯渇したまま」であること。

欲望が枯渇したままだと、収入がいくらあっても出て行ってしまう。

人間は支出計画を立てなければお金残りません。

収入が増えても、それに見合った支出を計画してしまうからです。

今回は、質素倹約が大切ということについて勉強していきましょう。

年収が上がっても幸せにはならない

「いや今の生活より収入が増えれば残るよ。」

例えば手取りで20万円あったとします。

その場合、20万円で生計が立つように爬虫類脳が無意識に計画を立てます。

そして20万円に収まればいいのですが、爬虫類脳はバカなので度々オーバーしてしまう。

結果、少しずつ月額の支払いが残り借金生活がはじまります。

欲望は枯渇したまま

金遣いが荒くなる

仮に月収の手取りが100万円あったとします。

毎月100万円入ってくるのです。

月収20万円の生活で満足するわけがありません。

月収100万にもなると、
・都心のタワマンに部屋を借りる
・外車をローンで買う
・食はほぼ出前
・家事はお手伝いさんを雇う

これくらいしても足りるかと思います。

ですが、月額の固定支出は膨大な額になります。

その結果、お金への執着は今の収入以上に強くなります。

お金ばかり追いかけると疲弊する

もし月収100万でギリギリの生計を立てるとします。

毎月絶対に100万円必要なわけです。

そうなると「収入が途絶えるとヤバイ」という強迫観念に常に囚われた状態になる。

そうしていくうちにドンドンと心が疲弊していくことになります。

まず支出を抑えることが大事

人生で一番大事なこと。

それは支出の抑えた生活を体得し、収入が増えてもブレない心が必要です。

ブレない心がないと自分に芯がないので支出は簡単に増大してしまいます。

特にわたしが最高月収で100万を超えた時は

・おなかが減ったら基本外食
・移動は基本車
・時短のために常に高速利用
・ガソリンや燃費は度外視
・娯楽費は青天井に使う

50万くらいの支出をしていました。

月収100万を稼いだのは2か月ほどで、そこからみるみる収入が減る。

結果、収入が減っても支出を減ることもなく、心の焦りとは裏腹にお金はドンドンでていく。

その頃は一番、お金で心が疲弊しました。

収入アップより質素倹約

上記のような経験もあって、
「質素倹約にしよう!」
と思い立ち勉強しました。

・食は基本自炊
・車を使わず自転車や電車を活用
・娯楽費はしっかり決める

もちろん借金の返済もあったので一定額の支出はありましたが、生活費は8万円以内に抑えることができました。

ちなみに今の支出は

・固定費は通信費の7000円のみ
・タバコと嗜好品、生活雑貨など50000円
で抑えています。

期間工をしているので

・住居費
・光熱費
・食費

はほぼゼロに近い状態なのでかなり節約した生計になっています。

有意義な時間を手に入れる

支出を減らせば、長時間拘束されるような仕事をせず、仕事選びの自由度もあがります。

そんな中、時間を有意義に使えるようになります。

・将来に備えた勉強
・資格取得をめざす
・自分のビジネスを立ち上げる
・投資の勉強をする

といったことに時間を費やすことができます。

①まずは支出を現実的に可能なところまで下げる
②仕事を選び時間を手に入れる
③副業や投資でお金を増やす

この順番で人生を進めば時間を有意義に使える自由な人生を手に入れることができます。

収入を上げることに捉われている人は是非、質素倹約の知識をまずは勉強することが先決です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です