あなたの資産を丸裸にする恐ろしい情弱ホイホイとは?特徴を知り身を守る重要性

どうも、震洋之進です。

あなたはゴキブリホイホイを知っていますか?

部屋の隅っこに置いておくと、
ゴキブリが捕まっているあれです。

いわば罠ですよね。

わざわざ追いかけてやっつけなくても
向こうから罠にはまってくれる。

合理的ですよね。

世の中にはこの「ゴキブリホイホイ」と似た方法で詐欺まがいの方法を使って暴利をむさぼる連中がいます。

ゴキブリホイホイになぞらえて
「情弱ホイホイ」と呼びます。

あなたも見たことありませんか?

・1日〇〇分の作業で
・ほったらかしで自動的に
・月収〇〇円稼げる

こうやって前置きせずに書くと
「ふーん」という感じの文言ですが。

ですがあなたが、
・会社を辞めたい
・もっと楽に生きたい
・働きたくない

などと本気で考えている時、
情弱ホイホイの文言に反応してしまいます。

わたしも情弱ホイホイに
引っかかった一人でした。

●情弱ホイホイで失うもの
・大切なお金をゴッソリ失う
・高めた期待感を失う
・引っかかって自信を失う

自己嫌悪まっしぐらです。

今回はわたしもひっかかってあらゆるものを失墜させてしまった経験をもとに、「情弱ホイホイ」にかからないための守りを勉強していきましょう。

情弱あるある

・1日〇〇分の作業で
・ほったらかしで自動的に
・月収〇〇円稼げる

ネットを利用して生活していると、こういった文言を見かけることがよくありますよね。

ツイッターだと特に、「フォローしてくれたから」とフォロー返しをすると、こういった内容のDMがよく送られてきます。

ただ、いくら情弱でもいきなりこんなこと言われてもチェックしませんよね。

いわばゲームの
雑魚モンスターのようなものです。

情弱ホイホイの特徴

・FX
・仮想通貨
・アフィリエイト
・ブロガー
・youtuber

こういったことを始めて「収入を増やしませんか?」ということを回りくどく説明される。

ノウハウの提供や直接指導を唄って高額商品を売りつけようとしてきます。

ですが内容は薄っぺらく、とてもそんな手法では稼げるようにはならないものばかり。

・いかに優れた商品かの説明
・購買意欲をあおる
・高額商品を売ろうとする

これが情弱ホイホイの特徴です。

ネットは情弱ホイホイだらけ

副業をはじめませんか?

まだ知識や経験のない分野を効率的に学べて収入を確保するまでサポートしてくれる。

そういった心理にさせて
高額商品を売りつける。

当然、あなたにお金を払わせるのが狙いです。

ネットのみの関係なので
顔もみえない上に連絡先も曖昧。

訴えて取り返すこともできないわけです。

正確には取り返せても法的な処置にかかる費用を負担しなければならず、費用の負担までしたくないと泣き寝入りして終わるパターンが多い。

それをわかっているが故に罠を仕掛ける。

情弱ホイホイとは卑劣な罠なのです。

なぜ情弱ホイホイに引っかかる?

情報の取捨選択ができない

多くの人がなぜそんな
情弱ホイホイにひっかかるのか。

・上司や同僚に偉そうにされる
・取引先に好き放題言われて弱っている
・サービス残業で収入もろくにない
・一刻も早く現状を変えたい

そんな「会社から逃げたい」といった心理の時に甘い言葉に引っ張られてしまう。

例えば容姿が全く好きではない異性にずっと言い寄られている時、普段は相手にしないですよね。

ですが、心が弱っている時に「ついフラッと。。」心を許してしまう。

その瞬間を狙って敵は機械的に情弱ホイホイを投げ続けてきます。

悪質極まりない許し固い罠なのです。

あなたにお金を出させれば勝ち

ネットという環境を逆手にとっている

そんなことは言わずともわかっていますよね。

ですが、あらゆる有益な情報を受け取れる環境であることも事実。

普段は「迷惑メール送りつけやがって。」

と強気に思っていても、ある弱った瞬間に

「楽で、簡単にか。。やってみようかな。。」

と刃を受け入れてしまう。

誘惑に負けてあなたが決済ボタンを押す瞬間に敵の勝ちが確定する。

情弱にならないために

情報強者になる

当たり前のことですが、情報強者になればちょとっとやそっとの甘い言葉に反応することはなくなります。

まず「100%情弱ホイホイだ」ということをキモに銘じること。

「でも、本当に有益な情報もあるだろ?」
「100%は言い過ぎじゃない?」

そのわずかな可能性を残そうとする心理が情弱ホイホイにかかる原因なのです。

お金を出させる無形商品は100%罠です。

安かろうと簡単に契約しないこと!

あなたがまずやるべきこと

あなたが身につける3つの武装

武装には3種類があるということを
まず念頭に置いてください。

なんとなく
「詐欺商品だろ。わかってるって。」

程度に思っていると、
状況が一気に悪くなると
簡単に罠にひっかかります。

知識武装

情弱ホイホイにかからない

あなたは消費者です。

・何が必要な消費か?

普段の衣・食・住は最低限必要な消費です。

一方でギャンブルや夜の遊びなどは生活に必要のない消費。いわば浪費といえます。

この区別をしっかりつけること。

毎回消費するときに「この消費は生きるために必要か」という問いを立てるクセをつける。

そして判断基準を本で勉強してください。

ネットはNGです。

その一例としてクレジットカードがあります。

クレジットカード関連のネット情報は、
あなたにいかに契約させるかの教育を
「これでもか!」と投げ続けてきます。

ネットの情報は消費させるための
罠であることを知ってください。

誰でも見れるからこそ、
そこに罠を仕掛けるのです。

本はわざわざあなたにお金を出させて
「情報を買う」行為です。

本を作る出版社も
詐欺まがいな本を出せば自社に
泥を塗ることになる。

そのための厳選という
フィルターを通しています。

その本で「お金」なら
お金関連の本をたくさん読む。

まず判断基準の柱の強化。

これが知識武装の唯一の方法です。

資産武装

簡単にお金を出さない

貯蓄や貯金を出してまで得るモノか、
情報かを出す理由はたくさん罠があります。

・時間的な罠(販売期間に制限があるなど)
・価格的な罠(今なら低価格で買えるなど)
・心理的な罠(買えば明るい将来がまっているなど)

ちゃんと出さない理由をたくさんもつこと。

・今じゃなくてもいいよな
・そんな大金ださなくてもいいよな
・お金出したくらいで将来明るくならないよな
などです。

そのためには例外なく知識が必要なのです。

心の武装

自分を俯瞰的にみるクセ

毎日生活していると、
ちょっとしたことで心が弱ります。

・上司に怒られた
・家族や友人をもめた
・外出時にトラブルにまきこまれた

これらのことが起こった時にしっかり「いま俺弱ってるな」と自分を俯瞰して見る目を養うこと。

俯瞰せず毎日反応だけで行動していると、弱っているのかすらも気づきません。

しっかり2つの目線をもつ

・直接反応している自分
・その状況を冷静に見つめる自分

この習慣化が罠にはまらず生きる術です。

すべては自分のため

・誰のためにする勉強ですか?
・誰の人生ですか?
・誰にメリットのある行動ですか?

すべてあなた自身のためにすることなのです。

なにも起こらないと今の安定が
永遠と続くと思ってしまいがちです。

ですが永遠はありえません。

魔の手はある日突然やってきます。

そういう危機感を普段からもつことが、情弱ホイホイから身を守る唯一の手段なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です