日本人は貯金が下手で借金への認識が甘い現実

どうも、震洋之進です。

あなたは預金残高はいくらありますか?

わたしはトータルの預金額は
約80万ほどあります。

「たった80万かよ。」

ですよね。

借金を返済し、
その上で貯蓄もしていかなければならない。

中々大変です笑

単身世帯の貯蓄額はいくらだと思いますか?

なんと45万円!

これって多く感じますか?少ないですか?

45万円だと、賃貸契約の審査も
厳しいかもしれない。

もし今の会社が倒産、
またはリストラなどで退職したら、、

45万だと間違いなく路頭に迷います。

ではいくらあればお金の不安を解消できるか?

正確にはわかりません。
なぜならわたしはあなたではない。

ただ、これだけは言えます。

「預金ベースで100万円は絶対に必要」

お金のバリアがないと、
たとえ株や保有資産があっても
いざというときにアタフタする。

結果、せっかくの保有資産を
手放すハメになります。

嫌ですよね。

では、貯蓄はどれくらいあれば
不安から逃れられるかを

今回はみていきましょう。

単身世帯の平均資産額は45万円

単身世帯の平均貯蓄額は約645万円。

あれ?タイトルと違わなくね?

と思ったはず。

平均値と中央値

ですが平均資産とは
国民全員の資産額を
国民全員の人数で割ったもの。

重要なのは中央値です。

中央値とは、
国民1人あたりの資産額が一番多い層です。

それが45万円です。

緊急事態を起こしたら即詰み

45万円というと手取りの
2か月分程度でしょうか。

仮に
・健康診断で長期入院が必要になった
・バイクで事故を起こした
・親が倒れて看病が必要になった

すぐ起こるわけないかもしれません。

ですが、上の様な事態がおこれば
間違いなく45万円では足りません。

日本人は貯金が下手

日本人は経済成長期やバブル期で
「貯金をしなくても大丈夫」
という心理が芽生えた。

その結果、

「また景気が戻れば今の生活を脱せるはずだ」
「いつかその日が来る。」

と、潜在的に思っていて、
根拠のない自信で今現在を
生きてしまっている。

断言します。

人生に一発逆転はない。

人生のどこかで目を覚まし、
現実と向き合い、自分の人生に
向き合って生きないといけない。

その時期が遅くなればなるほど、
将来の自分が困窮する。

家計をしっかり見直す

まず借金しない

ここでいう借金は、
キャッシングだけではない。

住宅ローン
カーローン
ショッピングリボ

これらは例外なく借金です。

横文字を使い、借金のイメージを
良くするために考えられた
営業のプロの戦術です。

わたしの借金額も車のローンを含めたもの。

住宅や車を買うなら現金で。
クレジットカードは極力使わない。

ローンは将来の自分を苦しめる

あなたのローンや借金は
間違いなくあなたを苦しめます。

あなたは今が一番若い。

その一番若い状態、人生で一番稼げる時期。

収入<支出の生活を続ければそうなるか。

間違いなく老いて身体が
思うように動かない将来の自分に
追い打ちをかけます。

現実から目を背けずちゃんと考えるべき。

15人に1人は借入金がある

一方借入金のある世帯は19.3%。

借入金のある世帯のうち
平均額は
341万、中央値は100万円。

5人に1人は100万円以上の
借金があるということ。

さらに、

借入金がある世帯のうち、
金融資産と負債を
意識して生活していない人
82%

10人に約8人は
自分の借金に無頓着ということになる。

・人の資産を保有しているのはごく1部の富裕層のみ
・個人の家計にゆとりがない。
・一般庶民と富裕層で貯蓄の格差がついてる

ポイント

収入=支出の家計を見直す必要がある

借金への認識が甘い

マイホーム
カーローン
これらは間違いなく借金。

お金は人生の資源。

思い立ったら生活基盤を安定させる行動を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です