品性がない行動は不幸な末路を呼び込む

どうも、震洋之進です。

あなたは神様を信じていますか?

私は神様はいると思っています。

多くの人は唯物論的思想にあります。

良い物論的思想とは、目に見えるものしか信じないと言う思想。

いい例がお金ですよね。

20万円のお金が口座にあればそこに20万円ある。

福沢諭吉で20枚。

当たり前ですね。

毎日会社に行ってるからそこに会社がある。

毎日顔を合わせているからそこに会社の同僚上司がいる。

当たり前の話ですよね。

こういった目に見えるものを基準に重きを置いた考え方。

それが唯物論的思想です。

ですが私は目に見えないものにも重きを置きます。

例えば人の言葉態度しぐさ行動。

ネガティブな考え方や不安や心配もそうですよね。

こういったものは目に見えないですよね。

でも確かにそこにある。

「そんなものに目を向けて何の意味があるの?」

ですよね。

目に見えないからこそ、そこに重きをおくことで結果的に良い物世界に反映されると考えています。

唯物論と唯心論・観念論

まずは唯物論と唯心論について簡単に触れてみましょう。

唯物論

唯物論とは物質がすべての根源という考え方。

例えば、自分の家、テレビ、服、スマホ、お金。

これらは現実的に目で確認することができる。

この物質が人生を形成しているという考え方が唯物論です。

唯心論

一方、唯心論とは心がすべての根源という考え方。

あなたが「テレビが欲しい」と思い家電量販店に足を運ぶ。

そこで「このテレビがいいな。」と感じ、購入した。

そんな心が過去に生み出した今の世界だから、そこにテレビが存在する。

逆にあなたが「テレビは必要ない」という思想なら、家にテレビがないわけです。

実際、「いらんはずやのに、なんか知らないけどあるねん。。」

という状況はないですよね。

これが唯心論です。

陽エネルギーと陰エネルギー

唯心論的なエネルギーは陽エネルギー。

唯物論的なエネルギーは陰エネルギー。

この2つがこの世にあるとわたしは考えています。

自分の心が世界を作る。

このことをしっかり自覚する必要があります。

現代は陰エネルギーに囚われている

テレビやスマホでの情報。

・新しいスマホが出た。
・マクドナルドで新しいハンバーガーが出た。
・職場にかわいい女の子が入ってきた。

あなたはこういった情報を目にしたとき、どう思いますか?

新しいスマホなら「欲しい!」
新しいハンバーガーなら「食べてみたい!」
職場の女の子なら「仲良くなって、あわよくば彼女に!」

そう思うわけです。

でも、よく考えてください。

これらは「受け身の状態」であるわけです。

つまり環境が自分の「手に入れたい!」という心を作っています。

単純に周りに振り回されているわけです。

周りにふりまわされた結果、

大した機能がないスマホだったり
ありきたりな味のハンバーガーだったり
理想とかけ離れた性格の女の子だったり

期待を大きく外す。

そして期待をした分、ネガティブな心境になる。

常に周りに流されて振り回される状態にあると、自分の軸がブレてしまい、

「一体自分はどうしてこんな目にあっているのか」

といった被害妄想を常に抱くようになる。

これがうつ病。

周りに流されて生きる人生が楽しいわけがない。

では自分の軸を作り、自分の思いどおりの人生を作るためにはどうすればいいのか

それを具体的に説明していきます。

自分の軸を作る

自分の人生を豊かにするには良質な陽エネルギーを放つ必要がある。

当たり前ですよね。

悪質のエネルギーを放っていたら不幸な世界を引き寄せる。

我々は意識しなければ爬虫類脳で思考する。

そのため「おバカ」な判断をし、結果的に悪質なエネルギーを放ってしまっています。

あなたの行動は見られている

あなたという人と会話をするまでのプロセス。

その間に、他人は「あなた」という人が一体どのような人かをものすごく観察しています。

●あなたの態度や歩き方
・人が来たらよけるのかよけないか
・歩き方に品があるか横柄か

●表情や視線、しぐさ
・笑顔なのか怒った顔か
・うつむいた視線か堂々とした視線か
・品性のあるしぐさかどうか

●もっているモノや扱い方
・どんな持ち物をもっているか
・自分のモノを大切に扱っているか
・モノにあたるようなことをするか

●周囲の人との会話
・自己中心的な会話か
・他人を批判した会話か
・相手に気遣いしているか
・会話に笑顔や笑いがあるか

あなたが対面し、会話するまでにおびただしい量の情報を相手に渡している。

その情報で言葉を話さなくてもあなたの「ある程度の人間性」が把握できる。

まずはそのことを強く認識する必要がある。

品性のある立ち振る舞い

わたしはなるべく品性のある振る舞いを意識しています。

理由は明白で上記のようなことで会話する前の段階で相手から落第点をもらわないため。

いつも他人を批判、ダメだしをしている人と仲良くしたいですか?

ものを粗末に扱う人は自分の関係を大事に深めてくれるを思いますか?

横柄な態度の人が自分に対して丁寧に接してくれると思いますか?

品性のある立ち振る舞い

・笑顔を意識する

常に笑顔の人は攻撃性を感じないため、はじめて会話する人との壁を低くする。

まずは口角をあげる。これだけでも効果がある。

・堂々とした態度

背中が丸まっていつもうつむいた態度。

こういった態度はいじめの対象にもなる。

背筋を伸ばし、いつも堂々とする。ビクつかない。

小心者でも常に堂々としてれば案外バレない。

・ダメ出し、批判をしない

ダメだしや批判は脳内麻薬「コルチゾール」を分泌する。

コルチゾールは依存性があり、またもう一度いいたくなる。

結果、品性のない人格が形成されてしまう。

・モノを雑に扱わない

モノを雑に扱ったり投げつけたり。

モノも存在意義があってこの世の誕生している。

ヒトと同じと考えて扱えば雑にはならないはず。

品性が人生を楽しくする

品性の無いネガティブな人間には低級霊や浮遊霊が寄ってくる。

ネガティブなあなたは幽霊のエネルギー源。

他人批判に磨きがかかり、どんどん他人を遠ざける。

逆に品性のあるポジティブな人間には天使や大天使が寄ってきます。

その結果、あなたが困難に遭遇した場合、天使が手助けをしてくれるのです。

同じ人生、どちらを味方につけたいですか?

あなたの1の行動は100の情報量がある

1の努力で100倍効果がある品性。

ここまで読んでいただけたらそのメリットが理解いただけだはず。

「こんな人と仲良くしたい」

その理想にあなた自身がなるのです。

神様に好きになってもらえる生き方をし、モラルをもった行動をしたいですよね。

・いつも笑顔でいる
・いつも楽しそうな雰囲気を作る
・発する言葉はよく考える
・ポジティブな言葉を発する
・ネガティブな言葉は言わない

今働いてる会社にもあります・

どうでもいい大したことない問題に脊髄反射でダメ出しして何の得がありますか?

その場はスッとしますが、その代償はあまりにも大きい。

品性は人生を豊かにする。

ネガティブも改善される。

ポジティブな心によって人生が楽しくなる。

そんな未来が楽しくないわけがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です