将来のために費やす時間を作るため管理する方法を知る。

どうも、震洋之進です。

あなたは自己成長について日々時間を使っていますか?

毎日仕事に疲れて、家に帰ったらダラダラ。。

やってしまいがちですよね。

「このままだとヤバイ。」

「わかっているのにまたダラダラ過ごしてしまった。。」

ですが、考えるためのものさしを知らないと、時間管理についてなにが問題なのかもわかりません。

その毎日の時間を管理する方法を今回は知っていきましょう。

日々の生活パターンを振り返る。

まずはあなたの生活を一度振り返る。

平日は仕事、休日はお休み。

平日の一日を見ていきます。

朝起きて、朝食をとり出勤。

会社に着いたら仕事をする。

残業をして、家路につく。

家に帰り、ゆっくりしてお風呂に入り、寝る。

休日は計画があれば一日、そのことに費やしますね。

釣りが趣味なら釣りで、パチンコが好きならパチンコで一日を費やす。

ですが問題は計画が無い時の時間の使い方ですよね。

わたしも以前はやってしまいがちでした。

昼前に起き、朝昼兼用の食事。

食後は眠たくなり昼寝。

起きたらもう夕方。

洗濯などの家事をしていたらもう夜。

「もう休みが終わった。」

「また明日から仕事か。。」

サザエさんを見ながらそんなことを考え、憂鬱な気分になる。

そして寝る時間になり憂鬱な気分のまま就寝。。

明確な趣味や、お金のかかる趣味の人は、こうなってしまうケースが多いのはないでしょうか?

漠然と時間の使い方をみてみました。

これらの時間の使い方をしっかりと計画をたてて計画通りに過ごす必要があります。

わたしたちは会社があるときは会社のルールがあるため考えないままルールに従っています。

ですが休日は特に、ルールがないので時間を有効に使うことが難しい。

まず時間の管理をして将来のために知識をつける時間を作りましょう。

時間を管理するときに重要な項目は大きくわけて4つ。

その4つのパターンについて知っておきましょう。

時間管理のマトリックスを知る

人生で日々過ごしている時間は以下の4つのパターンです。

①緊急かつ重要

わたしたちが時間におわれているのはこの項目が一番多いです。

続いて寝る時間。

大半は仕事をしている時間ですね。

特にブラック企業でサービス残業をしている人は、かなりの割合で時間を消費しています。

②緊急でないが重要

本当に大事な項目です。

ですが、意識を向けて取り組まないと②が重要なのかどうかすらもわかりません。

ザックリとあげると以下の項目です。

・自己成長になる人間関係作り

・健康の維持

・将来への準備や計画

・勉強や自己啓発

・日々の生活習慣の改善や計画

特にほかのことにつながっていく動脈的な役割が勉強の時間です。

勉強をすることがなければ人間関係や自己啓発、日々の生活改善をしようがありません。

まずは勉強する時間を作るために時間を捻出していきます。

③緊急だが重要ではない

大事ではないですが、思い立ったあなたの大切な時間を奪うものです。

・突然の来客の対応

・勧誘の電話

・冠婚葬祭

・つきあい

こられはよっぽどこだわりが無い場合、意味があるようで実は無意味である場合が多いです。

おまけに降りかかってきたら自分ではどうにもならないので厄介なものです。

④緊急でも重要でもない

大事ではないものの、つい無意識にやってしまうことです。

仕事終わりにしているスマホアプリやテレビゲーム、意味のないメールやLINEのチェック、生産性のない知人との長電話などですね。

あとはダラダラみるテレビなどもそうです。

テレビを見て生活が豊かになることはありません。

なぜなら、今の現状のあなたが満たされていないから答えは明白です。

例えお役立ち番組を見ていても、大抵はダラダラみている真剣に学ぶ姿勢ではないので頭の中には残りません。

②でしかない

あなたに将来の安定をもたらす項目は②しかありません。

ですが、成り行きで日々の生活を送っていると、そのことすらも気づけない。

なので再認識して自覚する必要があります。

緊急でないが重要な事のために時間を作る

②の緊急性はないが重要なことに時間をついやすために残りの①、③、④の時間の使い方を少しずつ削っていきます。

①の時間を削る

・残業を断る

残業代が出る場合は生活をする上で必要と思ってしまいがちです。

ですが、しっかり支出を見直せば、実はそこまで残業代に頼らなくても生計をたてられます。

さらに支出を抑えたうえで②の項目で収入を増やすための活動を行うことができます。

わたしたちはどうしても今の仕事に依存して暮らしています。

このぬるま湯から脱しないと、豊かな将来を作ることができません。

・有給を使う

有給を使うことも同様。

わたしも以前の会社は「有給は取らせない」空気がすごく、中々とる機会がありませんでした。

ですが、それは会社の自己都合であって、国の法律であなたに与えられた権限です。

権限をしっかり主張してもぎ取る!

・仕事を変える

残業代がでない、有給を取らせない会社はブラック企業です。

そんな会社にあなたの力を費やすことは合理的ではありません。

会社を辞める方向で動くことも、選択肢にもっておきましょう。

ですがすぐに辞めず、コツコツとしたたかに活動することを忘れずに。

③の時間を削る

突然の来客の対応・勧誘の電話

セールスや勧誘はまず門前払いしましょう。

言葉巧みに近づいてくる状況はまずあり得ません。

「お前は時間ドロボーか?お金ドロボーか?」

と敵対心をもって接すれば、すぐさま重要かどうか考えることができます。

大抵はあなたの時間やお金を奪う連中です。

バッサリとぶった切るべし。

冠婚葬祭・つきあい

空気に流されて行ってしまう職場の飲み会などつきあい。

そんな人たちと交流を深め、冠婚葬祭のときに出席する。

全くもって無駄です。

流されてしまうのは、依存せず自立できていないからです。

特に職場のつきあいは、退職すれば非国民扱いのように無残になくなります。

あんなにお金と時間を費やしたのにです。

わたしが肌感で知った事実です。

そんなつきあいには淡泊に対応しないと大事なお金と時間を無駄にしてしまいます。

④の時間を削る

スマホやテレビゲームが好きな人はつらいですよね。

ですが、テレビゲームは年々新しいハードやソフトが出ます。

スマホゲームも同様です。

あなたがゲームのために一生懸命費やした時間もお金も将来を豊かにすることに全く貢献しません。

こういった新しいものを追いかけているのは資本家サイドの罠だということに早く気づきましょう。

ローマは一夜にしてならず

私たちはどうしても一発逆転な考え方をしています。

ピンチなときも

「きっとなんとかなる。」

ですが待っているのは妥協した結果です。

特にお金の知識は死ぬまでついて回ります。

勉強し知識でお金を守ることに早い遅いはありません。

この緊急でないが重要な事のために時間を作る。

まずはお金を守るための勉強をすることを強くおすすめします。

「竹の節は一番下が一番固い」

はじめの一歩は誰でも辛いですが、動き出せばその後は意外と自然で無意識に動けるものです。

コツコツ勉強すれば確実に血肉に変わっていきます。

一緒に少しずつ確実にお金を守る力をつけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です