義務教育は暗記人間量産工場!自分の脳で思考する大切さ

どうも、震洋之進です。

わたしは中学の時の通信簿は5段階評価でした。

そして、こうやってブログを毎日書いている日々のわたし。

国語は5段階評価でいくつかわかりますか?

答えは「2」です笑

「おまえ2かよ、バカじゃん笑」

ですよね。

でもそんなわたしがこうやって日夜知識を蓄えて情報発信している。

人間ってわからないものですよね。。

ですが、大人になってからの勉強で、いかに義務教育がサラリーマンを育てる仕組みかがみえてきました。

なので中学で勉強しなかったのも、そんなサラリーマン育成計画を拒んだ結果なのかも?

都合よすぎですかね笑

義務教育って重要なことは「暗記能力」ですよね。

数学なら答えを求める公式や、歴史なら年号などを暗記して本番で答える。

今考えると不毛なことですよね、勉強って。

そんな暗記が人生を変えると頑張って勉強し、いい大学、いい会社に入る。

表面上は立派ですが、裏の構造をみるとかなりお粗末なんですよね。

だって自分で思考して出した結果を反映できないから。

自分で思考して出した答えを反映し、世の中に貢献するのが人生と思うのですが、いい会社、いわゆる大企業は真逆のことをさせる。

上司に言われたことを言われた通りにやるわけです。

そんな暗記人間の将来がどうなるかを、今回は勉強していきましょう。

暗記が得意になるべく勉強をする

学生の時に感じてたのが、
「歴史とか小難しい数学ってほんまにいるん?」
ということ。

その予感が会社に就職して見事に的中しました。

足し算、引き算、掛け算、割り算。

あとちょっとした分数くらいですよね。日常使うのって。

歴史とか理科に関しては全く使わない笑

あ、地理は役にたったかな?都道府県の場所とか。

でもそんな知識、大人になってからでも全く問題ないわけです。

なので学校の勉強はクソということがわかりスッキリ。

ですが本当に大事なのは、そんな「暗記脳」より「思考脳」なんですよね。

頭はこども身体は大人

学生が終われば勉強しない社会人

今の会社で上司にしても休憩中スマホゲームしてたり昼寝したり。

まぁ勉強している様子を全く感じないわけです。

ちなみにわたしは本を読んだり外注さんと連絡とったりしています。

「マジでお前ら大丈夫か。。」

と感じます。

特に大企業って、お金が生まれるビジネスの全体像を把握できないんですよね。

前に働いていた職場は200人程度の中小企業でした。

そこでは自分のやっている作業が外注化もできてお金を生み出せることは把握できました。

ですが今の職場は車工場なので、リアルタイムで車が組みあがっていく。

本当にお金が生み出される仕組みが理解できないだろうなと思うと、若い連中への危機感の無さが手に取るようにります。

手に入れた社会的地位

特に車メーカーで働いていると、
「俺は大企業に就職した!将来安泰だ!」
と思っちゃってるんでしょうね。

ですがふたをあけてみると、自分のやっている作業が自分しかできないわけではない。

要するに「変わりはいくらでもいる」んですよね。

この状況に危機感も特に感じていない様子。

哀れというか無惨というか。。

「しょーもないミスをしたやつを全力で叩く!」

「上司が非難した輩は俺も非難していい!」

そんな風土です。

企業は有能でも組織の小集団ははっきりいってクソですね。

一流企業の盲点

一流企業となると超大規模組織になります。

そのため各部署や各課でなにをやっているか全く見えてこない。

その中でも不透明に感じる点を3つほどあげてみます。

・人として成長できない

周囲が同じ考えなので先輩がやっている方法が正しいことと思いがち。

なのでパワハラ傾向の指導の仕方の人がいれば、若い連中もその傾向になる。

また危機感がないため、自分がリストラに合うなんてことは微塵も感じて無い。

今、トヨタでも「終身雇用はできない」と公言しています。

ファミリーマートも早期退職優遇制度の募集を募っていました。

よーわからん漢字が並んでいますが、リストラです。

リストラという言葉があまりにも「ブスッ!」と刺さるのでぼやかしているんです。

まぁ、大企業の今の会社の社員は気にもとめていないでしょう。

それよりも沢〇エリ〇や、〇原〇之のお薬の話題の方が美味しいんでしょうね。

・仕事に応用力が効かない

今やっている仕事を簡単に言うと、
「置いてボタンを押すの繰り返し。」

もちろん社員になれば機械の保全や整備もする。

じゃあそんな大規模設備を自分で持ちビジネスにできるかといえば、まぁ無理でしょうね。

そんな途方もない額の設備をいじっているわけです。

将来独立して、、なんてことは誰も考える頭をもっていないでしょう。

・全体像が把握できない

車がどのようにしてできあがっていくか。

まずボディがあり、塗装して、内装部品、製品を組み付ける一連の流れ。

それくらいしかわかりません。。

開発は開発、工作は工作、設計は設計、検査は検査。

そのように独立した小集団なので連携こそあるがお互いの集団の実態が全く見えない。

なので技術を活かして独立して、、

なんて考える人は皆無ですね。

なので期間工は結論を言って「ただただ稼ぐのみ」の仕事です。

思考脳を育てる

もちろんライスワークである仕事をしなければ今の命は絶えてしまう。

ライスワークをする中で自分のライフワークを作る必要がある。

ライフワークは自分の商品でありメディアでありビジネス。

わたしの場合はこの情報発信ブログですね。

いわゆる無料の雑誌みたいなものですよね、ブログって。

このメディアを将来性を感じて日々作っているわけです。

大企業でライスワークをしつつ、地道にワイフワークを育てて思考脳を養っているのが現状です。

長期で人生設計をする

人事を尽くし天命を待つ

わたしの知名度はゴミカスみたいなものです。

ですが自分の半生をブログに書き残すことで、いずれ日の目をみると思って書いています。

借金を背負っている方
心が安定しない方
老後の悩みが絶えない方

そういった人に訴えかける記事を書くことで少しでも共感していただき参考にしてもらいたい。

そしてファンになってくれた人にわたしの半生を活かしてくれることが人生の喜びと信じてやっています。

もちろん期待はせずにやる。

そうすることで思考脳の成長に長期戦略でのぞむことができます。

自分の軸にリンクした生き方を探す

他者貢献が最大の幸福

人生は愛の修行です。

認知してくれた人に愛を注ぎお互い成長していくライフプランが最大の幸福です。

それに気付けない人はお金儲けや人を傷つけることを繰り返し心が満たされないまま人生を終える。

どこかで気づき、人のためになる生き方をしていく。

それが自分の軸だと思っています。

欲をかいているうちは自分の軸に背を向けた生き方になっているはず。

困ってからでも良い

人生を変えるのに必要なものは不幸

わたしは借金を負うことで不幸を経験したので変われたと思っています。

なのでカッコいい生き方に憧れてもできない人もいるでしょう。

それは今不幸ではなく「困ってない」から。

困ってからでも遅くはありません。

人生は長いです。

人生の壁にぶつかり、不幸を経験した時が暗記脳から思考脳に変わる瞬間かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です