格安SIMのUQモバイルに切り替え!携帯代が半額!移行手順とデメリット?

どうも、震洋之進です。

先日、20年以上使っていたauから、UQモバイルに乗り換えました♪

みなさんは、もう格安SIMを使用していますか?
格安SIM?何それ美味しいの?と思われた人は要チェック!
リスクがほとんど無くケータイ代が半額以下になるかもしれませんよ♪

格安SIMについてやデメリット、移行手順とMNPについてを書いていこうと思います♪

通信費節約の大革命!格安SIM

格安SIMとは

近年、さまざまな企業が、SIMカードを使ったインターネットや通話のサービスを提供しています。これら企業が提供しているSIMカードを使ったサービスは、携帯大キャリアよりも安くインターネットや音声通話機能が利用できるため、「格安SIM」と呼ばれています。

つまり、有名な3大キャリアである、ドコモ、au 、ソフトバンク以外のキャリアですね。
3大キャリアから電波を借りることで、料金プランを安く抑えて提供してくれている、消費者に優しく、有難い会社ですね。

毎月の支払うケータイ代が少しどころか、半額以下になったら嬉しくないですか?
反面、デメリットもありますので、その辺を端的にまとめてみますね。

料金比較!こんなに安くなった!

ちなみに、これがわたしの直近6か月のケータイ料金です。

う~ん、毎月8000円はかかってますよね~。。

一方、UQモバイルの費用は

スマホプランMが2980円(12GBまで)
これに通話パック(60分/月)をつけて550円
これに消費税がついて、、
定額3828円で毎月使用できます!

まぁ、データ通信容量を追加したり有料の通話をそれ以上かけると、もちろん追加費用がかかります。
ですが、有料の通話もヤマトや佐川の再配達依頼の応答とか、ちょっとした電話の応対くらいですよね。
知り合い間の通話はLINEかスカイプを繋げば無料で済みますしね。
あと、データ通信料も、wifiを有効に使うクセをつければ超過することもまぁないかなと思います。

では、実際に日常で使用してこれ以外について回るデメリットもザックリとまとめてみました。
一緒にみていきましょう。

通信速度が遅い?

使う場所や時間帯で、どういう使い方をするかで影響が変わってきます。
ですが、わたしの使っているUQモバイルだと、一般的な使い方であれば、さほど問題ない程度の速度ですね。
使っていて特にストレスを感じることもほぼありません。
ただし、平日の昼休みの時間帯や夕方は、やや時間がかかるといわれています。

キャリアメールがつかえない

普段GメールやLINEを使っていて、一般的には主流なので問題ないですね。
てか、キャリアメールって迷惑メール多いやん。。。
普段使ってないので、乗り換え前に気になって見返してみたら、迷惑メールがぎっしりw
いらん!(バッサリ)

通話料が高くなる?

さきほども書きましたが、、
通話もLINE通話が主流ですよね~。
宅配の受け取りとか、ちょっとした通話が思わぬ長電話に。。
なんて不安があったんで、月60分までの通話パック(500円/月)に入ることで解決。

サポート面が不安?

「店舗が無い場合が多いので面と向かってのサポートが受けれないのでは?」
との考え方もありますが、そこまでのサポートを求めて無いですよね。
わたしの場合、auの頃は機種変更くらいしか行きませんでしたね。
通話サポートの方はしっかり設けてあるので、これで充分かと思います。

一方、壊れた時の修理なんかも不安。
ですが今では街の修理屋さんがかなり出来ているので解決できる事柄ですね。

LINEのID検索ができない。

UQでの本人認証機能が無いのでLINEのID検索がありません。
なので、友達を追加する場合はふるふるかQRコードでの登録になりますね。

様々な不安要素があるものの、ストレスになって脳みそが爆発したり発狂起こす様なものは無いかなと思います。

違約金や諸々の事務手数料がかかる

こちらは2年縛りの違約金が発生するのですが、

 携帯電話の「○年縛り」が、2019年秋に入って消えつつある。10月の電気通信事業法改正にともない、総務省が「2年縛り」での違約金上限額を1000円(以下、税抜)に定め、携帯電話事業者(キャリア)が対応に追われている。

今まで契約満期を迎えないと違約金(9800円くらい)がかかっていました。
昨今、上記の様に違約金の上限が1000円以下になりそうなので、違約金がなあ~。。っていうお金の不安の壁が低くなりましたね。

では、ケータイ会社を移行するに際しての手順のポイントとMNPについてをざっくりとまとめてみますね。

SIMロック解除について

SIMロックがかかっている場合、解除をする必要があります。
ですが、店頭で依頼すると、事務手数料で3000円かかってしまうんです!
もったいないですよね~。。

でも安心してください。
ネットから簡単に自分でできるんです!

auの公式サイトから簡単に解除できます。
一度、「SIMロック解除」でグーグル先生に聞いてみてくださいw

移行手順とMNPについて

長年同じ電話番号を使っていると、これからもその番号を使用したいですよね。。
私も、もう20年以上今の番号をつかっています。
これを簡単に引き継いで他のケータイ会社に乗り換えれるの?
そういう疑問ってありますよね。。

でも安心してください!
MNP(ナンバーポータビリティ)というサービスがあります。
これは電話番号を今のご使用のキャリアから引き継いで使用できるサービスです。
これは店頭での申請すると、MNP予約ナンバーという形で
あなたの電話番号の移行するためのデータを番号にして抽出します。
これを移行先のキャリアに提出することで、電話番号を引き継ぐことができます。
私も小難しいなあ~。。とおもっていたけど、意外と簡単にできましたね♪
ただ、いくつかの注意点があるのでおさえておいてくださいね。

・MNP番号を発行するのはキャリアの解約時となります。
・MNP番号の有効期限は15日間
・MNP番号の発行に3000円かかる。

つまり、MNPの予約番号を発行=キャリアの解約を申請します。ということになります。

情報を集めて一気に乗り換え手続きする決心が着いたときに行ってくださいね。

さいごに

ザックリと駆け足でですが、格安スマホについてまとめてみました。
スマホの費用って、固定ですし、10000円近くかかると出費が痛いですよね。
わたしも8000円近くかかっていた月額費用が3828円になって4000円以上安くなりました。

格安スマホの情報やサービスっが充実してきた今が乗り換え時かもしれませんね。
一度検討してみてはいかがでしょうか♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です