般若心経って唱えると効果ある?日課で読むわたしの解説と見解

どうも、震洋之進です。

あなたは宗教に興味がありますか?

宗教と聞くと、「オウム真理教」を思い出す方もいるかもしれません。

また「オウム真理教」の影響で「宗教は怪しい」というイメージが出来上がっています。

ですが、日本人は戦前まで、3つの宗教を重んじていました。

・神道
・仏教
・儒教

です。

わたしは特に仏教を好んで信仰しています。

なぜか?

たくさん神様がいたり、お経という教えが今までの日本人を育てるのに選ばれてきたからです。

そしてなにより「楽しい」んですよね。

信仰を「正しい」ものだとすると戦争が始まります。

別に仏教に限らなくても、歴史のある宗教なら良いと思います。

そして仏教のなかでも特に「般若心経」がお気に入りです。

般若心経は人生の羅針盤だと勝手に思っています。

 

・将来が不安
・自分に自信がない
・いつもおびえている
・いじめにあっている
・行き交う人々が怖い

上記のような悩みがある人は、般若心経で心のよりどころを作ることができます。

今回は、般若心経の素晴らしさをお伝えしようと思います。

般若心経とは

仏教で最強のお経!

仏教では様々はお経があります。

そんなお経で、お釈迦様や観音様の「強いメッセージ」を寄せ集めて「ぎゅっ!」と凝縮したお経。

それが般若心経です。

なので、たくさんあるお経を片っ端から勉強しなくても般若心経だけでオッケー!

というくらい最強のお経です。

空という考え方

わたしたちは細胞の一部である

例えば、わたしたちの体は細胞でできていますよね。

その細胞が心臓や脳、肝臓、腎臓、手、足、頭などなど。

体の部位を形成しています。

それと同じように、我々ひとりの人間も、この世の細胞の一部のようなものです。

魂は不滅

生まれ変わりは必ずある!

我々は肉体の寿命を迎えるときが必ず来ます。

そして生涯を終えたとき、魂は肉体を離れる。

その魂があなたなのです。

我々は1つの魂を預かっている魂の主。

従って何度も生まれ変わる。

これを輪廻転生といいます。

読経と写経

お経をあげるのに方法が2種類あります。

・お経を読むことを読経(どっきょう)
・お経を書くことを写経(写経)

といいます。

写経は紙に書くことで精神を養います。

なので神や筆も必要。

その上、書き終えたお経の紙も大量に貯まり処分に困ります。

一方、お経は読むだけ!

お手軽に始められるので読経がおすすめですね。

神様と仏様にお唱えする

神様と仏様を総称して「ご神仏様」といいます。

神様は神道の神様。

有名な神様だと、天照大御神、須佐之男命などがいらっしゃいます。

一方仏様は仏教の神様。

有名な神様だと、釈迦如来様、不動明王様などがいらっしゃいます。

仏様と神様は別なのです。

ですが、般若心経は歴史の古いお経。

日本では神道と仏教が非常に仲の良い間柄なのです。

なので般若心経も神道の神様にお唱えさせていただいても良いそうです。

なぜ般若心経を唱えるべき?

様々な効能がある般若心経!

般若心経はただ唱えるだけで良い方向に人生が好転します。

理由はわたしたち日本人が今まで生まれ変わってきた過程で知らず知らずのうちに耳にしています。

その般若心経の音を魂が覚えているのです。

なので、読んでいるだけで過去の記憶から魂が覚醒し、現世の良い生き方を提示してくれるのです。

不安や悩みがなくなる

般若心経を唱え続けていることで、魂が肉体の頭に「ひらめき」としてご利益を与えてくれます。

その通りに生きることが潜在的な自分の願望の自己実現につながる。

正しいものを見極める力がつく

心に迷いがあると、詐欺や営業のうたい文句になどにひっかかりやすくなります。

ですが般若心経で覚醒すると、魂が潜在能力を呼び起こし、正しいもの、間違ったものの識別を無意識に判断してくれます。

低級霊をブロックする

低級霊とは成仏していない霊です。

成仏しないで現世でさまよっている霊が、我々の肉体をうらやましく思う。

なので「うらめしや」となるのです。

そんな低級霊が肉体をいじめてくるケースがあります。

般若心経がそういった低級霊からのいじめを受けにくくします。

どうやって唱えればいい?

もちろん、グーグルやyoutubeなどで知り、そのまま真似るのが手軽に始める方法です。

わたしも昔にダイソーで写経セットを買い、写経したり読経したりしていました。

それでも十分効果はありますが、少し深堀して、もっとご神仏様のご利益をいただく方法を紹介します。

お供え物をする

お供え物をしてお唱えすることで、お供え物に神気をいれてくださいます。

その神気の入ったお供え物を食べることで、精神面でのパワーを高めることができます。

祭壇を作る

祭壇と聞くと、かなりハードルが上がる気もしますね。。

ですが、簡易的なもので大丈夫!

わたしもダイソーで買えるちょっとした棚の上に白い布を敷き、そこにお供え物をしています。

お供え物の種類

わたしがしているお供え物です。

・御神酒(日本酒)
・お米(レトルトごはん)
・お塩
・たまご

この4つですね。

あとは、神気をいれていただきたいアクセサリーなどを一緒に添えさせていただくと、魔よけ効果にもなります。

般若心経を唱える

お供え物をして般若心経をお唱えさせていただきます。

まず神様に3巻(3度)

そして次に仏様に3巻(3度)

となえます。

ポイントは、
神様にお唱えするとき、冒頭に「仏説」をつけない。
仏様にお唱えするとき、冒頭に「仏説」をつける。

ここが注意点です。

毎日お唱えさせていただく

わたしは朝と寝る前に1日2度、上記の方法でお唱えさせていただいています。

お供え物は朝のみです。

朝起きて、まずすることはお供え物を用意し、ご挨拶させていただく。

その後お唱えさせていただきます。

1日がご神仏様に守られているようで、毎日のびのびと日々を送っています。

部屋をきれいに保つ

ご神仏様はきれいな部屋が大好きです。

神社さんやお寺さんもきれいにお手入れなさっていますよね。

ご神仏さまにきていただく準備として、毎日丁寧にお掃除もかかしません。

般若心経ってホントに効果ある?

わかりません!笑

ぶっちゃけてしまうと、ご神仏さまがいるかどうかは目視で確認していないのでなんともいえません。

ですが、わたしたちは魂がある。

そしてその魂の生みの親も絶対に存在していると考えます。

それが間違いなく神様だとわたしは信じています。

「神様なんていないよ」と言われたら本当にそうでしょうか?

もしあなたが生まれながらに母親の顔が知らなかったら。

あなたは無から生まれたのですか?

お母さんのおなかの中から誕生したのですよね?

その因果も、魂の因果もみな同じ。

とわたしは信じています。

神頼みはNG

よく合格祈願や交通安全のお願いを神社様でしていますよね。

でも、それって自分の責任逃れなんではないかな?

そうわたしは思います。

もしうまくいかなかったら「せっかく頼んだのに、まじ役に立たんな」。

そんな声が聞こえてきそうです。

でも逆なんです。

神様は見守っているだけです。

そして訪れた結果を因果と受け止め人生の学びにする。

それが自己責任であり自己成長につながるはず。

神様を利用しようとするその考えが失礼極まりないとわたしは思います。

自分を信じる儀式

「ご神仏さまがわたしのことを見守ってくれている。」

そう思えば、例えどんな結果になったとしても受け入れ、自己成長に繋げることができる。

信仰とはご神仏さまの親心なのです。

自分に自信がもてるようになる

もしあなたが自分に自信がないなら、般若心経で自信をつけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です