一人暮らしの家賃を見直せば自由な将来を見出せる!

どうも、震洋之進です。

あなたの家賃はいくらですか?

わたしは期間工で会社の寮に入っているので
ほぼゼロに等しい額です。

「家賃」は生計をたてる上で
一番お金がかかる固定費。

「貯蓄に回せるお金が
どうやっても残らない。」

と困窮している人は
家賃の見直しが必要でしょう。

今回は家賃を見直して
生活費や固定費を減額する方法を
みていきましょう。

住むために働いている現実

人生最大のコストは住居費!

わたしが過去に支払っていた家賃で
最高額は7.2万円。

7.2円だと1年で86.4万円にもなります。

特に人を呼ぶわけでもなく、
ただ自分の「1LDKに住みたい!」
という欲のためだけに。

2人以上の世帯ではともかく
単身世代で7.2万はいくらなんでも
払い過ぎですね。

当然、当時は貯蓄もほとんどせず
本業で稼いだお金を何も考えず
ジャブジャブ消費している状態でした。

そして悲しいことに、
特に快適でもなければめちゃくちゃ
良い体験だったわけでもない。

「本当に適切な家賃か?」
という問いをもたないまま
お金を垂れ流していた。

家賃は最大の固定費

住居費を真剣に考えろ!

もし当時、家賃をゼロにできれば、
7.2万円は貯蓄できていました。

いきなりゼロにすることができなくでも
半額にすれば3.6万円が浮く。

月に3.6万なら年間43.2万円。

独身で1ルーム3.6万円の部屋なら
探せばいくらでもありそうですよね。

日本の家賃の平均

家賃は手取りの1/3という一般認識を疑え!

当時は
「家賃は手取りの1/3」という意識が、
どこかで情報を得たのか頭にありました。

当時は月の手取りで25万くらい。

「駐車場代をいれて8.3万くらいが妥当だな」

そんな全く根拠もない数字をあてに
選択していました。

今考えれば、当時は
「永遠に毎月お金が湧いてくる」
と思ってるんじゃないかと思うくらい
お金に無頓着でしたね。

情報にながされるな!

一般認識はコントロールしたい資本家の企み!

「家賃は手取りの1/3」
という庶民への刷り込みは
間違いなく資本家の企み。

労働者にはしっかりお金を
消費してもらって社会に
お金を流してもらう。

そういった情報を家賃に限らず
多彩に流している。

そんなことをしていれば
お金が残らないのは当たり前。

考える力を持たずに日々生きていると、
老後に全くお金が残らない
恐ろしい結末が待ってる。

家賃を抑える方法

当時から住居費を見直せば
お金に苦労することなく
生活できていたのは間違いありません。

会社を辞めたり、生活に困窮した結果、
それから家賃の安い物件に
引っ越したり。

今では会社の寮に入ったりと
家賃という問題に対処してきました。

ですが、わたしのあゆんだ道は
「手痛い体験をした結果選んできた道」。

浪費という痛みを知って
痛みから逃れてきたわけです。

そんな痛みを知る前に
行動できるようにしっかり
勉強しておきたい。

①実家に住む

※実家が最強!

いわずもがな、実家に住めば
家賃がゼロになる可能性は極めて高い。

ですが実家に戻ったとしても、
親からの追求はありそうですよね。

「実家にすむんなら家賃いれろ!」と。。

自分の事情や将来のために
貯蓄をしたいことを伝え説得する手間も
ありそうです。

②寮付きの仕事につく

※お金を稼ぎつつ家賃を減らて合理的!

寮に入るということは、
仕事につくことが前提ですよね。

「住居費を節約しつつ貯蓄をする」
といった将来設計に非常に
マッチしているとわたしは思います。

特に期間工なら食事や生活用品も
しっかり完備されている。

選択肢としたら合理的な方法といえますよね。

③ルームシェアをする

都心部でだと2人以上世帯が
借りる物件を他人と共同生活し、
家賃を折半するような
ルームシェアの募集もある。

メリットは都心部に
比較的やすい家賃で住むことができます。

ただデメリットとして

・プライバシーを保つのが困難
・同居人は他人。信頼できない
・掃除や共有品の扱いに制限がある

こういった問題で揉める恐れもでてきます。

会社で職場内に
「よくできた素晴らしい人格の人」
が少ないように、
同居人も
「よくできた素晴らしい人格の人」と
めぐりあうのは確率が低く感じます。

④妥協できる範囲内の物件に住む

・都心部から離れている
・最寄の駅が遠い
・交通のインフラが多少不便
・UB物件

などのアパート物件であれば、
比較的安い家賃で抑えることも
できそうですね。

あれもこれも理想通りの物件は
高くて当たり前。

自分の妥協できる点と
照らし合わせて部屋探しすれば、
相場で3万円以下の物件も無くはない。

大家の奴隷になるな!

自分の住居費は自分で納得して支払う!

特に単身世帯で5万円以上の
家賃を払うのは「ムダ!」と
わたしは思います。

東京などの都心部で5万円なんて
物件は中々ないでしょう。

ですが、都心部から離れれば
5万円以下の物件もある。

さらに多少の不便さを
受け入れられれば3万円以下でも
あるでしょう。

部屋探しは
いかに理想的な物件かではなく、
いかに妥協できる物件か
だと今は強く思う。

家賃を見直せば人生の自由度があがる

家賃を大幅に減額できれば
貯蓄もできるし
他のお金をかけたい部分にも回せる。

わたしは今までの賃貸暮らしで
痛感してきました。

今はお世話になっている会社の寮に
住まわせていただいています。

いずれは家賃3万までで
都心のアクセスができる地域に
住みたいと考えています。

家賃は人生で永遠のテーマ

衣食住のうち、
永続的に高い費用を吸われる
「住居費」

わたしは住居について考えることが
人生の永遠のテーマだとおもいます。

そんな住居費について無関心で
お金を垂れ流しているとしたら、
一度真剣に考えると
あなたの実りになる
と自信を持っていえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です