5000万なら誰でも貯蓄できる!あなたの可能性を潰す前に気付くべき視点

どうも、震洋之進です。

あなたはお金持ちになりたいですか?

「そりゃあ、なれるもんならなりたいよ。」

ですよね。

ただ、お金もちって漠然としていてイメージがつかないですよね。

1000万以上あれば金持ち?

1億以上?

5億以上?

例えば、18歳から60歳まで42年間で平均年収400万で収入を得ると、17000万ほど。

そこから税金やら生活費やら浪費を引くと、

よく残ってもざっくりと1/3位でしょうか。

ということは約5600万円。

普通のひとが目指せるお金持ちはリアルにこのあたりではないかなと思う。

キリよく約5000万。

42年間で貯めるとなると、年間約119万。月々10万貯めれば達成できる。

数字的には手の届きそうな目標ではないでしょうか?

この5000万を運用したら、残る利益で年利3%で回して年間150万。

月々12.5万くらいあれば、生活はなんとかできるんではないかなと思います。

もちろん、働きながら貯めていると複利でもう少し期待もできる。

5000万位あたりが普通のひとが狙える貯蓄になりそう。

それ以上になると、稼ぐずば抜けた才能を持っていないと中々達成が難しい。

実際、5000万くらいあれば、お金の心配からは解放されるはず。

なので今回は5000万を目指していくには?

について知っていきましょう。

貯蓄5000万は失敗を避ければ可能

大金持ちになるために失敗を極力避ける。

つまりミス=大きな浪費をしなければいける。

お金持ちになれるかどうかの分岐3つの要素

①収入
②支出
③投資利回り

また、年ごとの貯蓄と、それを利回り運用した場合

収入支出+投資額x利回りという計算になる。

小学生程度の算数ができれば計算できる程度。

例えば、
年収が400万円稼ぎ
支出が300万円使ったとして、
貯蓄額は100万円になる。

この100万円を投資で5%で回せば

105万円。

貯蓄の計算式はシンプルなので、
数字に強くなくても問題ない。

当然、
支出収入
=資質だと
お金持ちにはなれない。

まずは徐々に収入>支出の図式する。

小金持ちはリスクを取る冒険をしなくてもなることができる。

保有資産が5000万を小金持ちとしてみる。

小金持ちになるためにがんばること

・支出を抑える

今現在の支出を見直し、固定費、変動費の支出を極力減らす。

・本業の収入以外に収入の柱を入れる

たとえば今だとヤフオクやメルカリなどのモノを売れるサイトがある。

不要になったモノを積極的に売却することでヤフオクやメルカリに慣れれば、売れるモノを積極的に売っていけば本業の収入+αで貯蓄ができる。

今年と同じだけ頑張れば来年は確実にそれ以上になる。

貯蓄を増やすための知識を徐々に積み上げていけば

今後の人生で絶対に活かすことができる。

一発逆転を考えず、地道にコツコツ思考を育成する。

見方を変えれば日本は充実した環境

明るいニュースや情報が乏しい日本。

それは情報に対して受け身になっているから。

支出を抑えても満足度の高い生活ができる

低家賃の住居や電気、ガス、水道、通信回線などのライフライン。

いくら貧しいといえど、十分に満足度の高い生活ができる昨今。

無いものねだりばかりせず、今一度考えを改める。

日本は生活インフラが整っている絶好の環境

今やインターネットが革命的に普及し、

個人でもお金もうけができる世の中。

もちろん本業を続けたほうが最初は固いが、

働きながら自分に合った稼ぎかたをみつけることだって可能。

頭を柔らかくして、やれる可能性のある情報を積極的に調べる。

なにもしないから衰退した社会に流される

副業が徐々に受け入れられはじめ、未来は確実に副業で稼ぐのが当たり前の時代がくる。

そんな時代に備えて貯蓄として種銭を貯めつつ情報を集める。

できないやらない理由よりできる理由を1つでも探して見つける

投資での利用も年を追うごとに知識が成長する

失敗に終わる大幅支出

支出面では大きな買い物をするときは特に慎重になる。

・新築マイホームローン
・車を保有する
・通信費を見直さない
・詐欺案件に引っかかる
・保険にお金をかけ過ぎる

以上の5点で大幅な支出をしてお金を失わないことが重要。

本当になければいけないかを考えれば、どれも不要なことに気付くはず。

日々の成長思考があなたを育てる

お金があればお金の奴隷から脱却できる。

お金の奴隷から解放されたときのメリット

・いつでも好きなものが食べられる
・いつでも好きなときに旅行に行ける
・いやな会社であればいつでもやめれる
・シニアになってまで重労働しなくていい

お金の奴隷から解放されればこれらの選択肢ができる。

選択肢は余裕

やってもやらなくてもいい。

いつでもできると思えば嫌な仕事も乗り切れる余裕が生まれる。

だがお金の奴隷になってしまうと、仕事をやめたくてもやめれない。

好きなこと、やりたいことをしようと思ってもできない。

・やれるけどやらない余裕。
・やりたくてもやれないジレンマ。

どちらの人生が楽しいと思いますか?

なにも行動しなければ1000%後者になる。

稼ぐのも大事だが貯蓄は絶対必須のスキル。

少しずつでも始めれば将来必ず豊かになる。

失敗したっていい

0円から初めて100万円ためるのと、4000万円貯まった時点で100万貯まるのとでは確実に後者の方が簡単に貯蓄できる。

ただ失敗しても知識は残るわけだ。

例え万が一貯蓄がゼロになったとしても、貯蓄するスキルはゼロにはならない。

その時が来たら、あなたの蓄積した知識が威力を発揮するはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です