自由な生き方とは?お金のブロックを壊して自由を掴め!

どうも、震洋之進です。

あなたは数ある選択肢の中から
今の生き方を選んでいますか?

多くの人はお金を稼ぎ生活するために働く。

そして現状に満足するわけでもなく
今の生活を続けてしまっています。

もしあなたがお金にとらわれず
自由に人生を選べるとしたら
何がしたいですか?

私は日本のルールやマナーや文化から
離れて他の国の文化に
触れてみたいと思っています。

ですがまだ借金もあるし
今の仕事も続けなければならない。

いわばお金の奴隷の状態です。

当然、夢を見てる場合ではないのが現状。

ですがお金の勉強をすることによって
お金に対するブロックが外れたのは
肌感でわかりました。

具体的には支出を減らすための行動を
起こすことで多岐にわたり
自然と無意識にできるように
なったからです。

そして私は1人でも多くのお金の奴隷
として生きている人のお金のブロックを
壊してあげたいと思い、
このブログを始めました。

日本人は特にデフレ傾向で
国に流されて低賃金。

その結果くたくたになるまで
残業して勉強する暇もない状況。

またそういう人が大半だと思います。

なのでこのブログという発信手段で
多くの人のお金のブロックを
外してあげたい。

今できる事、やりたい事はこれに尽きます。

そしてお金に縛られない生き方を
日本人はできるだけの底力があると
思っています。

少しでもお金のブロックを
外していただけるよう一緒に
勉強していきましょう。

大半は完全にお金の奴隷

まだ借金を返済中のわたしも
例外ではありません。

生きるための労働に時間を
たくさん使っているわけです。

あなたは考えたことありませんか?

「1日くたくたになるまで働く状況は
いつまで続くんだろう。」

私が思うに行動しなければ
これからも生涯ずっと
することになると思います。

年功序列排除

早期希望退職

黒字が出ているにもかかわらず
行う会社のリストラ

終身雇用制度の撤廃

世の中は人が不安に思う方向に
どんどん加速して変わっています。

なのでこの変化に対応
していかなければなりません。

私たちの生きる世界では
お金と言うルールが中心にある。
切っても切れない関係です。

お金持ちなら不安が解消される?

あなたはこんなこと考えていませんか

「もっと収入が多くて
貯金があれば自由になれるのに。」

ですが結論から言って貯金があっても
収入が多くてもお金のブロックは
外れません。

逆にお金を持てば持つほどに
執着も大きくなっていく。

これによりもっと
強固なブロックとなっていきます。

必要なのは「足るを知る」と言う事。

必要最低限に支出を抑えつつ
質素倹約に自分の好きなことを
中心に置く人生。

これが人の理想の人生だと思います。

簡単に言ってもなかなか難しいですよね。

私たちが生きるにはまず

住むところがなければいけない。

毎食食べなきゃいけない。

着るものや身なり
ちゃんとしなきゃいけない

お金がかかりますよね。

ですが先程言っただろ勉強し
必要最低限のお金で生きられたら。

無理に残業したり心を病む会社に
いやおうに通ったりしなくて
済むわけです。

なんとなく生きているだけでは
お金持ちにもなれない。

そしてお金に持ちになったとしても
お金に苦しむ未来が待っている。

心の壁に囚われる状態から
抜け出せない事は変わりない。

動きたくない行動したくない
というあなたはで逃げている。

では具体的にどうしればいいかと
3ステップで説明します。

理想の人生を作るためすべき3つ

①毎月の生活費を可能な限り抑える
②残した貯蓄でお金を生み出す仕組みを作る
③働かなくても生活できるまで仕組みを育てる

 

毎月の生活費を可能な限り抑える

これは前回の記事↓

手取り14万は本当に終わってるのか!生計を考える・固定費編

手取り14万でも年間50万貯蓄できる!生計を考える・変動費編

で記事にしたとおりです。

わたしは独身なので、
独身の方は月収14万と仮定して
実践することで貯蓄できるはず。

その貯蓄が貯まるパターンを肌感で覚える。

これが毎月できるようになれば
お金はみるみる貯まります。

②残した貯蓄でお金を生み出す仕組みを作る

おすすめは株式での配当利回りで増やす。

株もしっかりコツコツ勉強すれば
特殊なセンスがなくても仕組み作りが
できます。

要は持っておくだけでいいのですから。

大金を出すのが怖い方は
積立NISAもおすすめです。

積立NISAなら税金も20年間非課税で
積み立てられる国が認める仕組みです。

もしくは国債。

国にお金を貸すということですね。

この仕組みが破綻するとしたら
日本が滅ぶわけですから。

あなただけでなく国全体が
一大事な状況です。

そういった状況になるのは
考えにくいので堅い選択でもあります。

③働かなくても生活できるまで育てる

上記の①と②の仕組みを無意識に
行えたら、あとは将来この仕組みで
貯め続けます。

これらの生活で質素倹約に努めれば、
間違いなく老後は安定したもの
となります。

今の年金制度もかなり危ぶまれていて、
期待してると70歳になっても
働かざるをえない社会に
なっていてもおかしくありません。

70歳になっても働きたくありませんよね。

自由とは選べる選択肢の数が増えること

もし70歳になっても
「俺は働くぞ!」
という意欲のある方は働けばいいし、

お金が増える仕組みで生きられるのなら、
リタイヤして余生を好きなことに
費やすこともできます。

ですが一番悲しいのは、
選択肢が無い結果、
泣く泣く働かざるをえない状況。

こういったことになる前に、
しっかり人間脳を使って考えて、
自分の人生の方向性を決めましょう。

足るを知る

人生、生きてればいつか
ビッグチャンスが来るものと、
どこかで思ってしまいがち。

ですが苦労のあとに楽は待っていません。

それどころか苦労のあとは
さらなる苦労が待っています

不要だと認識することの方が
必要だと認識することよりも
人間にとっては難しいのです。

足るを知るに早く気づき
今の最低限ストレスのない生活を守る。

明日のあなたは今日のあなたより
間違いなく老います。

今日シャキシャキ動いていた体が
急に思うように動かなくなることもある。

だからこと今から準備をはじめるべきです。

生きるステージを上げるための最初の儀式

やりたいことよりも
やらなければいけないことのほうに
意識が向いてしまいがちです。

わたしの好きな言葉に
「失敗しても命までは取られない」
というのがあります。

ですが何も人生の下準備を
していないとしたら。

当たり前に行っていた会社で
急に働けなくなったら。

収入は途絶え、明日から
路頭に迷うことになってしまう。

わたしたちの命は生まれながらに
お金に支配されている事を
はっきり理解することが大事です。

まずは理想とする生き方に
必要なだけのお金を
生み出せるスタイルを作る。

労働に人生を縛られないスタイルで
お金を生み出す方法を
選べるようになる。

お金を稼がなければ
ブロックが外れないのではなくて、
ブロックを外すからお金に
愛される道が見つかるわけです。

理想を叶えるための必要な
お金を生み出す行動を起こしましょう。

特に借金がある人はなおさら。

お金の価値観と向き合う機会というのに
借金は絶好の場なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です