どうも、震洋之進です。

ネットでパチンコに関する記事を模索してるとよく目につくものがあります。

「攻略法」だとか、「立ち回り法」等、呼び方を変え、販売者名を変え売っている詐欺業者がいます。

その業者の立ち回りなどという方法は、

単にパチンコ機で大当たりをバンバン引き、換金して帰る。

一見、何の問題も無いように見えます。

しかし、パチンコでパチンコ屋を営んでいる経営者がいて、その店に雇われて働いている人がいる。つまり、パチンコ屋のそれはビジネスで経営しているということ。

もし仮に、毎日5万円、パチンコ屋で稼いだとしましょう。

5万円ともなると、日当1万円のバイト5人分の人件費なんですね。

そんなお金が、ある「特定の人物」が、「毎回毎回」、「負けることなく短時間で」勝ち、去っていく。

打っている時間は30分、1時間。出していく玉は1万発、2万発。そんな客、もしあなたが経営者でしたら見逃しますか?

パチンコ機はお金のなる木で、4次元から湧き出てくる摩訶不思議な機械ではありません。

お客さんが負けてくれて始めて、成立するビジネスなのです。

その原理原則を根底から捻じ曲げるような虫のいい話、信じないでくださいね。

当ブログでは、パチンコ・パチスロ依存症に関するご相談を受け付けております。

お問い合わせは、どんな些細なことでも構いませんので、コメントにてご相談ください。

また、攻略法、立ち回り法といった情報商材を購入検討の際も、一人で決めずにご相談下さい。