どうも、震洋之進です。

 

今日は朝から外注に出すyoutubeの動画資料をせっせと作り、
途中居眠りをしつつ、ようやく10本分終わった。。
どうしても休日にまとめてになってしまうなぁ~。

ブログはキーワード選定だけでいいので、
再現性も高く、外注化を計るのはまだ比較的簡単ですね。

ただyoutubeはそうはいかないんですよね~。。

それで、youtubeで最近久しぶりにバズってきた。
新規動画でのバズりだったので、やっぱり純粋に嬉しいですねw
前のバズ狙い手法が不発だったので。。w

 

で、思ったのが、スケープゴートの対象が
具体的であればあるほど、共感してもらえるんですよね。
そしてそれが分かりやすければ分かりやすいほど認知してもらえる。
わかっててもなかなかできないんですよね。

って書いてて「スケープゴート」ってなんやねん!知らんし!
って声が聞こえてきそうですが。。w

スケープゴートとは、、

現在の意味はこのやや宗教的な意味合いから転じて、不満や憎悪、責任を、直接的原因となるもの及び人に向けるのではなく、他の対象に転嫁することで、それらの解消や収拾を図るといった場合のその不満、憎悪、責任を転嫁された対象を指す。簡単な使われ方として、事態を取りまとめるために無実の罪を着せられた「身代わり」や、無実の罪が晴れた場合の「冤罪」などが存在する。(Wikipediaより)

 

おおぅ、、余計にこんがらがる説明文だな。。w
形としてメディアで発信することによって
「そうそう!そうなんだよ!」
みたいな共感になって、大衆に迎合してもらえる。
それが具体的で分かりやすければバズる可能性があるってことですね。

 

わかりやすいのが「いじめ」ですよね。
人の特徴やクセは周りの共通認識で、何らかの形で感情が動くものであれば
その周囲の人たちが共感しあい、大きな力になるんですよね。

 

私自体、いじめは嫌いですし、小さい頃いじめられた経験もありますので
そういった意味ではいじめは好きではないですが、
まぁ、実際大人になってもいじめはありますからねw

家族ですら、「お前はダメなヤツ」というレッテルを貼って
虐待とかの形でいじめるわけで、
いけないことという暗黙の認識がありつつも
どこかでやってるし、やられてるものですね。

で、そういう深層心理に眠ったスケープゴートの本能に
語りかけて火をつけることで、大衆を自分の方向へ向けることができる。

 

例で言うと、youtubeヒカルのVALU騒動とかを叩いているアンチに対して、
乗っかって一緒になって叩けば大衆は
「おっ!こっちでも叩いてるな!ちょっと見てやるか」
って心理になりやすい。
それを利用すれば自分のメディアにも自ずと流れてくる。ってことですね。

 

そういった目線で今後もyoutubeの運営をやって行こう。w
いじめに乗っかって大正解。
性格悪くなりそうだw

今日はこのへんで。